Skip to content →

「フラットでグレーなもの」

フラットでグレーなもの

2019.04.20(土)~04.28(日) 12:00~19:00(入場は18:30まで)
定休日:火・水・木曜日

展示キャプションより一部抜粋

 展示名「フラットでグレーなもの」は確か大学の終わり頃に、その当時言葉遊びをしていたときに思いついて、そのまま今日まで使っている言葉です。

 上も下もないフラットな、白でも黒でもないグレーな、ちょうどいいもの。

 これは決して、白や黒をグレーに塗り潰してしまうということではなく、上や下の優劣も認めた上で成り立つことだと思っています。
 思いついた当時は、白黒と意味づけできるもの(しやすいもの)ばかりで塗り潰し、曖昧でグレーなものを排除して、現実が息苦しくなっていくことに対し反発のつもりでした。でも、今はそれだけではなく極端な思想や立場をもった他者にとってもちょうどいいものを指しています。
 ちょうどいいものというのは多様な色が共存し、揺らぎながら解け合っている状態ではないでしょうか?

 単一的に何か”でさえあればいい”、何か”でなければならない”ということではなく、あれも在る、これも在るという状態。そのそれぞれが欠くことのできないひとつだという認識。それらが成り立つためには、曖昧さが必要だと考えます。

 現実は本来もやもやとして曖昧です。ただそのままを受け入れるということは労力を伴い、不便なので名前をつけたり、言葉をつけたりしている。そうやって意味の外にあるものを書割の絵みたいに省略する。でも、気付かないうちに意味ではないものに私たちは救われていることがある。意味の外にある曖昧なものを引っくるめて世界は成り立っている。だから、意味を追い求めることと曖昧なものを感じ取ること、その両方が必要なんだと思います。

 今回の展示では、意図的に少し濁ったような燻んだような色にプリントを仕上げています。
 色は混ざると濁ってしまいます。しかし、そのそれぞれが決して塗り潰されずにちょうどいいものとして多様な色として解け合うことを意識しました。

 去年制作したZINE「ありふれたもの」で過去に起こった、ありふれた出来事に対して、私がどのようなものとして受け止めたのかをまとめました。

 自分自身がこの制作を通じて、気持ちを整理する必要がありました。それについて折りに触れて、何度も意味を考えました。考えることが無意味だったとは思いませんが、一度、意味から離れて曖昧なままを受け止めることで見えるものもあると、そう思います。そうすることで全てではないけれど救われました。

展示会場

Galerie de RIVIERE / ギャルリ・ド・リヴィエール
〒564-0062 大阪府吹田市垂水町3丁目1-17 リヴィエール2F
info.riviere@urdarkroom.com

ギャラリーコメンタリー

 マツオカヒロタカ氏とは昔からの知り合いで、リヴィエールを作る際も大変お世話になりました。
 マツオカ氏の写真は主に実体験の要素が強い写真(スナップも含めて)から構成されており、「プリントのプロセスも含めて、物事をじっくり見る(考える)ことが必要」という考えを基礎として構成されている。
 今回の「フラットでグレーなもの」を鑑賞する上で、ぜひ会場に設置されるZINE「ありふれたもの」も合わせてご高覧頂きたい。
 「ありふれたもの」では写真を通じて「過去に起こったありふれた出来事」を可視化することにより、自身の中に受け止める作業を行った。
 本展示では、それらの時間軸やはっきりしたものをさらに削ぎ落し、「イメージ」としての写真を見つめ直す作業を通じて、さらに写真作品としての純度の高い内容となっている。
 展示される作品のうち、今回のために新しくカラープリントした作品は「正しいことから外れて、曖昧なままをみてもいたい」という思いから、少し濁ったような、くすんだような色に仕上げられている。
 これについてマツオカ氏は、「技術的に正しいとか間違いだとか、そういう写真論に疲れていたから、少し外れたところに行きたいと思っていました。シアンは普通使わないフィルターで、最初から正しい色からは外れているので、フラットな頭で純粋に好きな色合いを試すことができました。
 もちろん、思ったようにならないこともありました。
 でも、今までなら違うって思っていた色合いもプリントを見てみたらいいなって思うことがあって、以前よりも自分の中で色感覚が寛容になった気がします。良い悪いということだけではなくて、曖昧なままの写真を見てもらいたい。」と言う。
 マツオカ氏の写真は、観る人が改めて「よい写真とは何か」を考えるきっかけになるのではないでしょうか。
 今回展示される作品の多くがリヴィエールの暗室でプリントされたものであり、そのプロセスも含めて、マツオカ氏の言う「撮影時に意味付けしていたものとは別のもの」に出会う空間を提供出来たことを心より嬉しく思います。
 今後もリヴィエールは、招待展示を行い、ギャラリーとして写真のみならず表現活動を行う若手作家をバックアップするとともに、暗室としてフィルム写真に関するワークショップなどを積極的に開催して参ります。